0
布路川梶太 @P6AX3Er3HqoQynY

プリゴジンが乗った飛行機が墜落したとロシアメディアが映像付きで報じました。プリゴジンが死にました。 pic.twitter.com/1hRs31C1jN

2023-08-24 07:06:01
もんみ🐻 @Monmi0614

プリゴジンが(おそらく)生きていることを証明する最も現実的なバージョン 事実その1 身元確認が行われたにもかかわらず、親戚全員が突然ロシアに居なくなったため、遺伝子検査は行われなかった。さらに、遺体が損傷され、焼かれた場合、どのような身元確認について話すことができますか。一般に、陰謀のレベルとワーグナーの能力を考えると、同一性は議論の余地はありません。理論的には、識別を調整するのは確かに簡単です。 事実その2 マリのジャーナリストらもプリゴジンが生きているという噂の火に油を注いだが、プリゴジンは墜落のニュースの後、マリでワーグナーの創始者が生きているのを見たと述べた。そして、証拠はなく噂だけですが、これも「信じられない!」のもう1つの理由です。 事実その3 それがパフォーマンスであった可能性があるという事実は、プリゴジンがすでに一度死亡しているという事実によっても証明されています。 2019年にコンゴで。そして飛行機事故でも。しかしその後、プリゴジンの人気はメディアの同名者よりも劣っていたため、このことについてはほとんど誰も知りませんでしたが、事実は変わりません。 プリゴジンさんは2022年8月に再び「埋葬」された。伝えられるところによれば、彼はハイマーズによる本部への砲撃後に死亡した。数日間連絡が取れず、連絡を取ることができませんでした。しかし、その後彼は現れ、アンドレイ・ボガトフが皮肉を込めて言ったように、「遺体の捜索を手伝った」。 事実その4 これがすべてセットアップであると信じるもう 1 つの理由は、すべてが非常に単純だったという事実です。ワーグナーの3人の司令官、プリゴジン、ウトキン、チェカロフは全員同じ飛行機に乗った。ただし、彼らはこれまでにそうしたことはなく、別の便で飛行した。その場合、実際に起こったようにPMCによって一気に斬首されることはないだろう。何かが、しかし彼らはそれを知っていて、それを理解していました、そしてこれは説明不可能です! さらに、プリゴジンは、自分がどのような役割を果たしているかを知っていて、常にトラックを混乱させ、あるフライトに登録してから別のフライトに乗ることができ、ダブルを使用しました。そして、モスクワ近郊のオスタフィエヴォ空港に無事着陸した2機目の飛行機のことを思い出します。 事実その5 その前は、2号機はモスクワからサンクトペテルブルクまで1号機と同じルートを飛行していたとされていたが、実際にはサンクトペテルブルクからモスクワへの復路を飛行していた。飛行機は空だったという人もいるが、別のバージョンによると、飛行機には中央アフリカ共和国(CAR)の国民2人が乗っていたという。そして、これは考えさせられます。 まず、中央アフリカ共和国では、プリゴジンはほぼ国民的英雄です。 次に、中央アフリカ共和国、ワグナー PMC 近くの閉鎖的な村に、超近代的な診療所と 3 人のドイツ人形成外科医がいます。 第三に、サンクトペテルブルクのワーグナー事務所での7月の捜索中に、エフゲニー・プリゴジンや他の名前や姓の写真が付いた多くのかつらとパスポートが発見された。 第四に、最近、プリゴジンに関連する組織が暗号通貨を買い占めています。 第五に、私たちが話し始めた同じ二番目の航空機は、オスタフィエヴォに着陸した後、最初にバクーに向かい、次にトルコに向かいました。そして、特に中央アフリカ共和国の国民、形成外科医、地下室、偽造パスポートについて上で挙げた4つの点を考慮すると、トルコからはどこにでも飛んで解散することが可能でした。しかし、なぜこれだけのことが必要だったのでしょうか? 事実その6 ご存知のとおり、あの災害の日、ワーグナーの反乱からちょうど2か月が経過していました。同時に、私たちが覚えているように、軍事反乱のようなひどい犯罪にもかかわらず、プリゴジンはすべての容疑を取り下げられ、兄弟ベラルーシに釈放され、ロシアの利益のためにアフリカでの彼の任務は継続されました。不思議ですね。 しかし、もし大統領が単に友情から、また祖国への貢献への敬意として、プリゴジンに仕事を終えて姿を消す時間を与えたらどうなるだろうか?もしそうなら、上記のすべてを考慮すると、それはかなりうまくいきました。

2023-08-27 06:55:24
拡大
アーロン大塚 @AaronOtsuka

ワーグナーPMCグループの元リーダーであるエフゲニープリゴジンが死亡したことが確認された。彼のジェット機が西ロシアのトヴェリ地域で墜落した。 西側による暗殺かな? ロシアの報復は? twitter.com/jacksonhinklle…

2023-08-24 07:39:33
Jackson Hinkle 🇺🇸 @jacksonhinklle

🇷🇺 The Former-Leader of the Wagner PMC Group, Yevgeny Prigozhin is now CONFIRMED to have DIED when his jet crashed the Tver Region of Western Russia. pic.twitter.com/wJ2XV3ise9

2023-08-24 02:11:05
0
まとめたひと
PK-Dick @82pkdick

主に政治ネタ専用のアカウント。基本保守やや右です。20代の頃はもともと左寄りでしたが、ブログで情報収集しているうちに日本のマスコミの偏向に(やっとw)気付きました。書かれていないこと、報道されないことにも真実がある。