写真映え→動画映え? ――――― ※2017.11.27作成のまとめをTogetterより移行 このへんの感覚は4年前と今(2021年)でも結構変わってる感じがしますね
0
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

旅行・観光のあり方は、パンフレットやガイドブック(観光情報)に規定される部分が大きい。観光はしばしば、観光情報の内容を再確認する作業となる。現代の観光情報には写真が多く使われているが、それならば現代の観光も写真的な、すなわち視覚的、一面的なものになるのではないか。

2016-02-29 00:03:30
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

視覚的に価値がある場所でも、それが一枚の写真に収めにくいと人気は出なさそう。その点でいうと重伝建地区みたいに一つ一つは価値が小さい場所(古い民家など)が集まって大きな価値をなしているところは不利か。逆に全体でみるとあまり価値はなくても、象徴的なアングルが一つでもある場所は強い。

2016-02-29 00:29:15
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

「SNS映え」の分析から見えてくる若者の情報行動「シミュラークルモデル」 dentsu-ho.com/articles/3747 スマホの登場によって2012年ごろから視覚的情報によるコミュニケーションが加速化し、SNSによるシミュラークル型のコミュニケーションが主流となった。 pic.twitter.com/ZXwgWZp16e

2017-08-16 12:35:20
拡大
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

この変化は、観光研究でよく指摘される「マス」から「個人」へ、という流れとも合致する。「SNS映え」なんて言葉は最近とみに言及されるようになったけど、これは観光研究においても重要な概念なのでは。

2017-08-16 12:47:24
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

「SNS映え」はスマホの登場という技術的要因によって生まれたとみていいんだろうか。確かに「マス→個人」の変化をもたらしたのはインターネットによって個人による情報発信が容易になったことが大きいだろうけど、一方で文化的な要因もあるんじゃないか。

2017-08-16 12:51:21
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

要因はともかく、この数年に人々の消費・観光行動が変化しているのは事実。個人的には、こういった観光客側の変化が観光地をどう変えるか、とりたて景観をどのように変えるか、という点に関心がある。

2017-08-16 12:53:58
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

こういう変化はまず飲食店の商品みたいな小さなスケール(=容易に変えられるもの)から起こって、次第に大きなスケール(建築、地区、都市など)に波及していくのではないか。ミクロスケールでの変化はもう十分に起きているだろうけど、それがどこまでマクロスケールに浸透しているのか。

2017-08-16 13:04:06
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

金沢の鼓門とかは写真に撮りやすい縦横比になってるんじゃなかったっけ。たんぼアートとかもスケールとしては大きい。伝建地区の修景をこれに入れていいのかは微妙。

2017-08-16 13:05:51
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

写真は点景だから、伝建地区みたいな面景はどうしても不利になってしまう、って話は前にしたような気がする。

2017-08-16 13:08:35
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

ここで思うのは、「写真映え」と「動画映え」って結構違うよなぁということ。ちょっと前からツイッターでの動画投稿がしやすくなって、諸々のネタ動画が日々投稿されてはバズっているわけだけれど、こういう個人撮影の動画って観光とはあまり相性がよくないなーと感じる。

2017-08-16 13:16:05
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

動画で投稿されるのは面白い出来事とかかわいい動物で、観光地の美しさを伝えるために動画が使われることはあまりないよなぁという印象。マスメディアでは使われることもあるけど、個人レベルではまだまだ使われていないような気がする。

2017-08-16 13:21:41
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

これは動画と写真の性質の違いに起因するんだろう。静的で恒常的な写真とは違い、動画は動的で一時的なもの。それゆえに、「常に”そこ”にあること」が暗黙の前提となっている観光地を映すには適さないのではないか。

2017-08-16 13:23:39
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

逆に、祭礼のように一時的な現象を投稿する際には動画が用いられることも多い。流鏑馬とかだんじりみたいに動きの大きいものだと特に。

2017-08-16 13:27:43
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

ただ注意しなければいけないのは、動画があまり使われないのは単なる技術的要因によるものという可能性もあること。スマホ動画だと画質が良くないから写真が使われているってだけで、もっと綺麗な動画が撮れるようになれば今後動画が広く使われる可能性も考えられる。

2017-08-16 13:32:01
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

そうなると、今後「動画映え」する観光地が現れるようになってくるんじゃないかと思えてくる。いつでも見れる「モノ」から、その時にしか見れない「出来事」への観光対象の転換が起こるのでは。

2017-08-16 13:35:55

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?